写真はどのような形で残すのか

昔は写真を撮ったあとはフィルムを現像して、出来上がった写真をアルバムに貼っておくことが一般的でした。現在は、デジタルカメラやスマートフォンでの撮影が主流ということもあり、現像をしなくても画面で写真を楽しめる時代です。それゆえに、プリントせずにそのままパソコンやSDカードなどに保存しているということも増えてきました。大量の写真をコンパクトに収納できるのは便利ですが、アクシデントでたくさんの写真が一瞬で消えてしまう可能性もあります。記念として残したい写真や、きれいに撮れた写真はやはりプリントすることも考えていきたいところです。写真はそのままプリントして、アルバムに貼るという方法もありますが最近はフォトブックも注目されています。

オリジナルの写真集を作ろう

フォトブックの良いところは、テーマ別に作成できることです。子供の成長記録や結婚式の思い出のシーン、さらに旅行での思い出やペットの可愛い写真など、それぞれの希望の写真集を作ることができます。アルバムの場合は、ただ写真を貼るだけになりますが、フォトブックならおしゃれなレイアウトを楽しむことも可能です。フォトブックの作成は、写真を預けてプロに作成を依頼することも検討してみましょう。この場合は、プロが写真の配置などをしっかり考えて作成してくれますので、質の高い仕上がりが期待できます。最近は自分で作るフォトブック作成サービスも人気です。こうしたサービスではテンプレートも豊富に用意されているので、レイアウトのセンスがないという人も、簡単に素敵なフォトブックを作成できます。