不安な人は大事な写真は印刷して残そう!

印刷して写真を残すメリットはたくさんありますが、その中でも「消える心配がない」ことはとても魅力的なメリットではないでしょうか。データで写真を保存していると、間違って消してしまったり、また機器の不具合でデータを消失してしまうということが多々あります。しかし、印刷して写真を手元に残しておくと急に消えてしまう心配は無用です。大事な写真がたくさんあって絶対に紛失したくないと思っている人は、写真を印刷して残しておくと良いでしょう。ただし、持っている全ての写真を印刷して残すと大変なので、本当に大事な写真だけを選んで印刷するなどといった工夫が必要になるかもしれませんね。また、まとめて印刷するとかなり時間がかかってしまうので、ある程度写真がたまった段階で少しずつ印刷するのも良いでしょう。

スキャンすればデータのバックアップとしても使える!

わざわざ写真を印刷して残すことに手間を感じる人も多いかもしれません。しかし、その手間をかけることでデータが消失した際のバックアップにもなるのです。安全策として写真データを複数の記憶メディアに保存している人もいますが、データである限り消えてしまう可能性は拭えません。万が一、全てのデータが消えてしまうというような事態に陥ってしまった場合でも、手元に印刷した写真があるとそれをスキャンして新たに写真データとしてパソコンに取り込むことも可能です。このように印刷した写真はデータのバックアップとしても活用することが出来るので、多少手間はかかってしまいますが、念のための保険として写真を印刷して残しておくと良いかもしれませんね。